鈴なりサクランボ、甘さ十分! 横手市十文字の農園でまつり

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鈴なりの赤いサクランボに手を触れる奥さん
鈴なりの赤いサクランボに手を触れる奥さん

 サクランボをもぎ取ったり、直売を買ったりして楽しめる「十文字さくらんぼまつり」が、秋田県横手市十文字町一帯の農園で開かれている。現在は主力品種「佐藤錦」の収穫期で、県内外から訪れる家族連れらでにぎわっている。7月15日まで。

 十文字町桜桃生産者協議会と町観光協会の主催。農家24戸がサクランボ狩り客を受け入れ、51の直売所が農園の近くや道路脇などで営業している。

 このうち、十五野新田地区の「奥さくらんぼ農園」では佐藤錦のほか、「紅秀峰(べにしゅうほう)」「大将錦」など30種類ほどを約60アールで栽培。

 サクランボ狩りの料金は、各園とも40分食べ放題で中学生以上1100円、小学生700円、幼児(3歳以上)500円。道の駅十文字で、その日利用できる農園の情報を掲示している。

(全文 556 文字 / 残り 217 文字)