地方点描:海からの観光[男鹿支局]

お気に入りに登録

 江戸前期の作とされる「男鹿図屏風(びょうぶ)」(県指定文化財)は、右隻に男鹿半島南部の台島から西海岸「白糸の滝」まで、左隻に加茂青砂から半島北部の間口浜までを収めている。海岸線に連なる奇岩と島々が描かれ、船を浮かべてその間を巡る人の姿もある。海上から景色を楽しむ「島めぐり」を、当時の人々も楽しんでいた様子がうかがえる。

 男鹿市観光協会によると遊覧船は昭和40年代ごろまで観光の目玉だったが、道路が整備され日帰り客が増加したため、次第に人気が下火になった。近年は入道崎を起点とする遊覧透視船と、戸賀湾から周辺や西海岸を巡る遊覧船の2隻だけとなっていた。

(全文 633 文字 / 残り 356 文字)