紫と白、ラベンダー2万株見頃 美郷町、芳香剤作り体験も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
白と紫の花が見頃のラベンダー園
白と紫の花が見頃のラベンダー園

 秋田県美郷町千屋のラベンダー園で、紫や白の花が見頃を迎えている。来月7日まで「ラベンダーまつり」が開かれており、来場者がラベンダーの摘み取りや芳香剤作りなどを楽しんでいる。

 町によると、2ヘクタールの園内には7品種2万株が植えられている。町オリジナル品種の白色ラベンダー「美郷雪華(せっか)」や北海道中富良野町から贈られた「濃紫早咲(のうしはやざき)」、香りの強い「スーパーセビリアンブルー」などが色鮮やかな花を咲かせている。

 今年は従来の摘み取り体験のほかに、摘み取ったラベンダーをリボンで束ねて香りを楽しむ「バンドルズ」にするコーナーも新設され、来場者が町職員のアドバイスを受けながら手作りしている。

(全文 443 文字 / 残り 140 文字)