ジュンサイ沼に一筆書き 三種町【ドローン動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
ジュンサイ沼を上空から見下ろすと、緑の葉をかき分けて進む小舟の航跡が、筆で書いた模様のように浮かび上がった=21日正午ごろ(小型無人機で撮影)
ジュンサイ沼を上空から見下ろすと、緑の葉をかき分けて進む小舟の航跡が、筆で書いた模様のように浮かび上がった=21日正午ごろ(小型無人機で撮影)

 秋田県三種町が生産量日本一を誇るジュンサイの収穫作業が、最盛期を迎えている。夏空が広がった21日、小型無人機ドローンで上空からジュンサイ沼を見下ろすと、水面を覆う緑の葉をかき分けて進む小舟の航跡が、筆で描いた模様のように浮かび上がった。

 ジュンサイの加工販売を手掛ける池内食品工業(池内文男社長)が所有する沼では、摘み手が朝から収穫に励んだ。陽光に照らされた水面に木の小舟で繰り出すと、葉っぱの下に手を伸ばし、澄んだ水の中からゼリー状のぬめりに包まれた緑色の若芽を次々と摘み取った。

(全文 465 文字 / 残り 223 文字)