再生エネ事業者、工費返還求め東北電を提訴

お気に入りに登録

 秋田県の再生可能エネルギー発電事業者が21日、県内で稼働中の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を東北電力の送配電網に接続する工事を巡り、東北電が優越的な地位を利用して高額な費用の負担を強いたとして、工事費の一部約9840万円の返還を求める訴訟を仙台地裁に起こした。

 原告側弁護士によると、メガソーラーの接続工費に関連したトラブルは全国的にあるが、提訴は初めてとみられる。

(全文 365 文字 / 残り 179 文字)