秋田の3銘柄が準グランプリ 全米日本酒歓評会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
準グランプリを受賞した(右から)「秀よし 大吟醸松右衛門」、「純米大吟醸 まんさくの花 山田錦45」、「雪の茅舎 秘伝山廃」
準グランプリを受賞した(右から)「秀よし 大吟醸松右衛門」、「純米大吟醸 まんさくの花 山田錦45」、「雪の茅舎 秘伝山廃」

 米国ハワイ州ホノルルで開かれた「第19回全米日本酒歓評会」(4~6日)で、本県から11銘柄が金賞に選ばれた。このうち、大吟醸A部門(精米歩合40%以下)で鈴木酒造店(大仙市)の「秀よし 大吟醸松右衛門」、大吟醸B部門(精米歩合50%以下)で日の丸醸造(横手市)の「純米大吟醸 まんさくの花 山田錦45」、吟醸部門で齋彌酒造店(由利本荘市)の「雪の茅舎 秘伝山廃」がそれぞれ準グランプリに輝いた。

 歓評会は、日本酒文化を海外にも広めようと国際酒会(本部・ホノルル)が2001年から毎年開催している。

 今回は「大吟醸A」「大吟醸B」「吟醸」「純米」の4部門に日米とメキシコの204蔵元が計512点を出品。日米とカナダの専門家11人が味や香りを審査し、金賞、銀賞のほか、金賞の中から特に優れた出品酒としてグランプリと準グランプリを選んだ。

(全文 902 文字 / 残り 535 文字)