金足農ナイン、県外チーム迎え撃つ 三種町で招待試合

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
弘前との試合を終えた金足農の選手たち
弘前との試合を終えた金足農の選手たち

 秋田県内外の5校による「高校硬式野球三種町招待試合」が22日、三種町のことおか中央公園スカルパ野球場で2日間の日程で始まった。初日は昨夏の甲子園大会で準優勝した金足農(秋田市)がつくば国際大東風(はるかぜ)(茨城県)、弘前(青森県)と熱戦を繰り広げ、町内外から訪れた観客を沸かせた。

 招待試合はスカルパ野球場のリニューアルを記念し、2年前から町と町教育委員会が開催している。町内で合宿を行うチームに実戦の機会を提供するとともに、町民に野球観戦を楽しんでもらおうと企画。今年は東風、弘前と仙台(仙台市)の各校が合宿を行っており、この3校と金足農、秋田(秋田市)の5校が参加している。

 初日は3試合が行われ、結果は東風3―0金足農、弘前6―3東風、金足農5―3弘前。金足農は1勝1敗だった。

(全文 649 文字 / 残り 305 文字)