酒田沖に身元不明遺体 秋田市の69歳男性か

お気に入りに登録

 23日午前8時半ごろ、山形県酒田市の酒田灯台から西北西約26キロの沖で、遊漁船の船長がうつぶせで漂流する遺体を発見した。船長の友人が118番し、酒田海上保安部の巡視船が遺体を収容した。遺体のズボンから秋田市の男性(69)名義の資格証明書が見つかった。

 同海上保安部によると、遺体の損傷が激しいため、司法解剖やDNA型鑑定をして死因や身元の特定を進める。遺体は身長179センチぐらい。薄紫色の長袖シャツとベージュのズボン、茶色の靴を着用していた。