バスケ女子で湯沢翔北が優勝 東北高校選手権

お気に入りに登録

 東北高校選手権は23日、各地で19競技を行った。バスケットボールは女子の湯沢翔北が優勝し、男子の能代工は準優勝だった。新体操女子団体は秋田北が制した。

 フェンシングは女子個人エペの成田実礼(聖霊2年)が栄冠を手にした。剣道男子個人決勝では小野洋介(秋田商3年)が三浦悠人(同)を下した。弓道男子個人は伊藤龍之輔(西目3年)が頂点に立った。

(全文 309 文字 / 残り 139 文字)