東京パラ合宿誘致へ、タイ2団体と連携 スポーツ交流推進へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
車いすバスケを軸にしたスポーツ交流の推進を確認した基本合意書調印式
車いすバスケを軸にしたスポーツ交流の推進を確認した基本合意書調印式

 仙北市と秋田県は23日、タイのパラリンピック委員会、車いすバスケットボール協会と基本合意書を締結し、スポーツ交流に向けた連携協力を確認した。市は県と協力し、2020年東京パラリンピックでタイ代表チームの事前合宿誘致につなげたい考え。

 合意書の内容は▽選手の競技力向上に向けて連携する▽地域住民とスポーツを通じた交流活動を行う―などで、車いすバスケの強化や交流にとどまらない内容。市は今後、具体的な活動内容についてタイの関係者と協議を進める。

(全文 557 文字 / 残り 336 文字)