県展、自信作1542点続々搬入 審査経て、28日開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
続々と作品を運び込む出品者ら
続々と作品を運び込む出品者ら

 第61回県美術展覧会(県展)の応募作品の受け付けが23日、秋田市中通のアトリオンと県立美術館県民ギャラリーで行われた。午前10時の受け付け開始直後から多くの出品者らが訪れ、自信作を運び込んだ。

 7部門に、昨年より45点少ない1542点が出品された。部門別の内訳は日本画38点、洋画332点、彫刻21点、工芸141点、書道210点、写真519点、デザイン281点。

(全文 259 文字 / 残り 77 文字)