吉田輝星「威力が全然足りない」 直球打ち返される

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1回、中日・ビシエド(奥)に2点二塁打を許した日本ハム・吉田輝
1回、中日・ビシエド(奥)に2点二塁打を許した日本ハム・吉田輝

 日本ハムのドラフト1位新人、吉田輝星投手(金足農高出)が23日、ナゴヤドームで行われた中日戦に先発し、3回6安打5失点で初黒星を喫した。

 吉田輝は持ち前の直球を打ち返された。プロ2度目の登板となった日本ハムのドラフト1位ルーキー、吉田輝は中日打線を相手に3回6安打5失点でKO。初黒星を喫して「自分の思うボールが投げられなかったことが一番悔しい」と唇をかんだ。

 立ち上がりから苦しんだ。2点を先制してもらった直後の一回。「威力が全然足りない」と言う外角直球を逆方向に狙われ、先頭打者から四球を挟む3連打であっさり同点に追い付かれた。さらに犠飛で逆転を許し、三回にも2失点。この回までで、わずか60球で交代を告げられた。

(全文 517 文字 / 残り 207 文字)