お寺に響く復活の音色 活動再開のピアニストが演奏【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
潟上市の圓福寺で開かれた千田さんのピアノリサイタル
潟上市の圓福寺で開かれた千田さんのピアノリサイタル

 国際的に活躍する秋田県潟上市のピアニスト千田桂大(けいた)さん(32)のリサイタル「暗闇の中で聴くノクターン」が22日夕、同市昭和大久保の圓福(えんぷく)寺本堂で開かれた。2014年から演奏活動を休止していた千田さんの復活リサイタル。約250人が訪れ、表現豊かな演奏に聴き入った。

 「ピアノソナタKV333」(モーツァルト)、「自作主題による変奏曲」(ブラームス)など6曲を披露。外からかすかに雨音が聞こえる本堂には、美しいピアノの音色が響き渡り、聴衆は千田さんの表情や手元を見つめたり、目を閉じたりしながらじっくりと鑑賞していた。

 「ノクターン変ホ長調」などショパンの夜想曲2曲は、千田さんの手元の照明以外を落とし、暗闇の中で披露された。

(全文 772 文字 / 残り 451 文字)