地上イージス、湯沢市長「不必要」 県内首長初の反対意向

お気に入りに登録

 秋田県湯沢市の鈴木俊夫市長は24日、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備計画のある地上イージスについて、「今の状況を考えると不必要ではないか」との見解を示した。県内の首長が配備反対の態度を明らかにしたのは初めて。同日の定例記者会見で答えた。

 鈴木市長は、北朝鮮からミサイルが次々発射される状況ではなくなったことを理由に挙げたほか、「北朝鮮が日本や米国に(向けて)撃つ気はなく外交手段。これに応じていては、際限なくイージス・アショアなどの整備をしなくてはいけなくなる」と述べた。

(全文 320 文字 / 残り 82 文字)

同じキーワードのイベント情報