比内地鶏、エダマメ食べるワン 県産食材のドッグフード販売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県産のエダマメやコゴミなどを使用したボーロシリーズ
県産のエダマメやコゴミなどを使用したボーロシリーズ

 デザイン事務所「デザインファーム」(秋田市、遠藤貴絵代表)とペットフード販売の「アクシエ」(同市、大野佳哉社長)は、比内地鶏やエダマメなど県産食材を使ったドッグフード「komachi-na-(コマチナ)」を共同開発し、今月から販売を始めた。ドッグフードを通じて本県の食材のPRも図る。

 開発は昨年9月ごろに始め、製造は県内外の食品加工業者に委託した。ブランドの名前は秋田らしさを表す「小町」を形容詞のように「小町な」とし、アルファベットで表記した。ロゴマークは秋田犬の頭部をモチーフにした。

 コマチナは▽比内地鶏雑炊(80グラム)▽クッキー(35グラム)▽ボーロ(同)▽サプリ(10グラム)▽せんべい(20グラム)―の5シリーズ。秋田市八橋の「ペットパーティ金鳥園」、東京の伊勢丹立川店内のペット専門店で販売されている。希望小売価格は600~1300円(税抜き)。

(全文 742 文字 / 残り 359 文字)