秋田NB、初のマスコット募集中 デザインと愛称を公募

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 社会人ラグビーの秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)は、ファン拡大や会場の盛り上げに一役買ってもらおうと、初めてマスコットキャラクターを誕生させることにした。公募でデザインと愛称を決める。締め切りは8月17日。

 応援リーダー「ブレッツレディ」を務めるタレントが所属する秋田市の芸能事務所「ShowMe」から提案があったのがきっかけ。秋田NBにはこれまでマスコットがなかったが、幅広い世代が親しみを持ち、チームとファンをつなぐ役割になることを期待している。

 デザインは秋田NBのチーム名に込めた思いや、クラブの掲げる理念をイメージしたものが条件で、着ぐるみなども想定したものを募集している。選ばれたアイデアを基に秋田市内のデザイン事務所「バウハウス」が作成する。

(全文 595 文字 / 残り 266 文字)