「恋待ち団子」いかが? 彩りにシャクヤクの花びら

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
シャクヤクの花びらなどを使った「恋待ち団子」
シャクヤクの花びらなどを使った「恋待ち団子」

 秋田県湯沢市の女性グループ「ゆざわ女子“OMIYAGEラボ”プロジェクト」(高橋まゆみ代表)は、シャクヤクの花びらや旬の地元産果物を使った「恋待ち団子」を開発した。高橋代表が店主を務める同市桑崎の「カフェTAKAIWA」で販売している。

 OMIYAGEラボは2年前から、同市雄勝地区に生誕伝説が残る小野小町にちなみ、小町が愛したとされるシャクヤクを生かしたお土産開発を進めてきた。

 恋待ち団子は2本セット(税別350円)で、小町と深草少将の恋物語と、「町に恋する」という意味をかけて名付けた。

(全文 434 文字 / 残り 187 文字)

同じキーワードのイベント情報