能代市議会、イージス配備撤回請願を採択 県内初

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地上イージスの配備撤回を求める請願を採択した能代市議会=25日午前10時半ごろ、市議会議場
地上イージスの配備撤回を求める請願を採択した能代市議会=25日午前10時半ごろ、市議会議場

 秋田県能代市議会は25日、6月定例会本会議を開き、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備撤回を求める請願を賛成多数で採択した。県内議会が地上イージスの撤回や反対を求める請願を採択したのは初めて。

 請願は、演習場の周辺住民の間で日常生活に影響があるのではないかと不安が広がっているにもかかわらず、配備を強行することに、市議会として反対の意思を示すよう求めた。国への意見書提出は求めていない。

 起立採決の結果、賛成11、反対4(定数20、退席2、欠席1、欠員1、議長除く)で採択した。リベラル系を中心とした最大会派の改革ネットワークの全8人と、第3会派の希望(5人)の3人が賛成した。継続審査を求めた希望の残り2人は退席し、採決に加わらなかった。第2会派で自民・公明党系の平政・公明党(6人)は、議長と病欠の1人を除く4人が反対した。

(全文 817 文字 / 残り 428 文字)