頬に凍傷。懐にロボ犬…浅草の人力車夫が追う“白瀬の夢”とは

お気に入りに登録

俺は人類未踏の「白瀬ルート」で、南極点に立つ男だ!

世界の果て。年間平均気温マイナス50度という極寒の南極点で、漫画「ONE PIECE」のルフィばりのポーズを決めて叫ぶ男の名は阿部雅龍(まさたつ)、36歳。

普段は浅草で人力車を引き、金をためては世界へ冒険に出かけている。
名刺に書いた肩書は「夢を追う男」。
大好きな仮面ライダークウガの主人公をまねて、そう名乗っている。

南極点に到達した阿部雅龍

昨年11月から今年1月にかけて、阿部は南極点への単独徒歩冒険に挑んだ。
日本人未踏の「メスナールート」と呼ばれる約900キロを55日間、ひとり歩き通して南極点にたどり着いた。

その感動も冷めやらぬうち、銀色に輝く南極点モニュメントの横で「次は『白瀬ルート』でここに帰ってくる」と誓いを立てた。

孤独な少年時代、南極に憧れる

阿部は1982年、秋田県秋田市に生まれた。
4歳で父を亡くし、そのときの葬儀の場面が最も古い記憶だ。

父の墓前に手を合わせる

父の死後、別れて暮らしていた母に引き取られ、同県潟上市に移り住んだ。
母の家では押し入れの中で本を読み、あまり笑わない子どもだった。
それでも自然の中で遊ぶのは好きだったという。

「幼いころ父を亡くしたから、人の死を身近に感じていたように思う。いつか死ぬ人間が、そのときまでどうやって生きるのか。心のどこかでずっと考えていた」

小学校低学年のころ、その後の人生に影響を与える本に出会った。およそ100年前、人類初の南極点到達をかけて競争を繰り広げたノルウェーのアムンゼン、イギリスのスコット、そして日本の白瀬矗(のぶ)の伝記漫画である

日本で初めて南極を探検した白瀬矗

白瀬は秋田県出身の陸軍中尉。
明治末期の1910年から12年にかけて、日本人として始めて南極を探検した。
探検先進国のライバルたちに比べて性能の劣る船と粗末な装備で南極点一番乗りを目指したものの、あと一歩のところでたどり着くことはできなかった。

自分と同じ秋田に生まれた探検家が人類未到の地に挑んだエピソードは、幼い阿部に強烈な印象を残した。

ベースキャンプに郷土の英雄の名前

2018年11月19日。
阿部を乗せて南米パタゴニア地方を飛び立った飛行機が、南極ユニオン氷河ベースキャンプの氷上滑走路に着陸した。

南極の氷上滑走路に降り立つ

アムンゼンやスコット、白瀬たちが命がけで探検した時代とは違い、今の南極には観光客も大勢やってくる。
ユニオン氷河のベースキャンプでは、観光客を世話するため100人近いスタッフが働いていた。

阿部のような冒険家は自分が持ってきたテントで寝るが、観光客は耐風性が強く、中にベッドが備えられた快適なテントに泊まる。
各テントには世界の著名な探検家や冒険家の名前が付いていた。

ベースキャンプにずらりと並んだテント

阿部はそれらの中に「SHIRASE」と名付けられたテントを見付けた。

「郷土の英雄、白瀬中尉の業績が世界に評価され、名前が刻まれている。それがとても誇らしかった」

ベースキャンプ到着から4日後、阿部はプロペラ機に乗って単独徒歩冒険の出発点であるロンネ棚氷に移動した。

ここからは完全にひとり旅。
南極点にゴールするまで、人間どころか他の生き物に会うこともない。
南極沿岸にはペンギンやアザラシが生息しているものの、極寒の内陸はウイルスすら生存できない厳しい世界なのだ。