ハピネッツ、前田氏とHC契約合意

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
前田顕蔵氏
前田顕蔵氏

 バスケットボール男子Bリーグ1部の秋田ノーザンハピネッツは26日、来季のヘッドコーチ(HC)に、アシスタントコーチ(AC)の前田顕蔵氏(37)が昇格すると発表した。

 前田氏は大阪府出身。大商学園高を卒業後に渡米し、ネブラスカ大カーニー校でプレー。帰国後、旧bjリーグ高松のACを経てHCを4季務めた。2015年からは秋田の長谷川誠、ジョゼップ・クラロス両HCの下でAC。18年には男子日本代表サポートコーチ兼通訳に招集された。

 前田氏は「ペップHCの激しい守備を継承しつつ、新しいことにも挑戦する。秋田という土地と秋田の人が大好きなので、県民の皆さんが誇れるようなチームをつくりたい」、ハピネッツ社の水野勇気社長は「HCの役割や責務をよく理解している。チームバスケットを進化させるためには前田氏以外にHCはいないと考えていた」とそれぞれコメントした。

 ハピネッツはスタッフ6人も発表。前田氏の後任にA東京でAC経験がある前田健滋朗氏(28)=大阪府出身、コンディショニングコーチに田原慎太郎氏(35)=東京都出身=が新たに加わった。

 小高行雄マネジャー兼通訳(37)=愛知県出身、池端幹司ビデオコーディネーター(26)=能代市出身、櫻井真哉アスレチックトレーナー(30)=東京都出身、正木健二トレーナー兼アシスタントマネジャー(28)=由利本荘市出身=は契約を継続する。