トヨタの風(2)共同製造 部品、県内で完成品に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オートマ車の変速機の部品を製造する大橋鉄工秋田。来年から新たに3種類の部品をトヨタ東日本に供給する
オートマ車の変速機の部品を製造する大橋鉄工秋田。来年から新たに3種類の部品をトヨタ東日本に供給する

 秋田自動車道の横手インターチェンジ(IC)近くの横手第2工業団地(横手市柳田)。ここで2017年2月、トヨタグループに自動車部品を供給する大橋鉄工秋田の工場が稼働した。大手との太いパイプを持つ企業の進出が、県内企業が商機をつかむきっかけになろうとしている。

 大橋鉄工秋田は、トヨタグループ1次サプライヤーの大橋鉄工(愛知県北名古屋市)が15年11月に設立。災害時などの事業リスク分散、製品の増産対応、地方での人材確保の三つを目的に、県の誘致企業として横手市に進出した。

(全文 1044 文字 / 残り 809 文字)

連載企画:トヨタの風 大橋鉄工秋田との連携

この連載企画の記事一覧