「花の名山」焼石岳、鮮やか 東成瀬村側、登山道を歩く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
8合目の「焼石沼」周辺に群生するミヤマキンポウゲ
8合目の「焼石沼」周辺に群生するミヤマキンポウゲ

 秋田県と岩手の県境近くにある焼石岳(1548メートル)は、高山植物や湿原植物が咲き誇る花の名山として知られる。東成瀬村側から入山する登山道は人気コースの一つ。好天に恵まれた26日、地元住民4人の登山に同行し、花盛りの焼石岳を歩いた。

 午前7時40分ごろ、同村の3合目登山口から入山。出発から2時間半ほどして、8合目「焼石沼」周辺の開けた草原に着いた。一面に広がるミヤマキンポウゲの花は黄色いじゅうたんのようだ。沼の周りの湿地帯にはリュウキンカも群生していた。

 足元にハクサンチドリが咲く登山道を抜け、険しい岩山を越えて頂上に着いたのは正午すぎ。山頂の南東側にある湿原「姥石平(うばいしだいら)」を巡って下山することにした。6月上旬には見渡す限り花畑が広がるというハクサンイチゲのピークは過ぎていたが、チングルマの群生を見つけることができた。

(全文 711 文字 / 残り 340 文字)