県展・7部門の受賞者を表彰 秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
受賞者に賞状と盾が贈られた県展表彰式
受賞者に賞状と盾が贈られた県展表彰式

 第61回県美術展覧会(県展)の表彰式が29日、秋田市の県第2庁舎で行われ、入賞者ら約200人が出席した。

 日本画、洋画、彫刻、工芸、書道、写真、デザインの7部門で特賞は14点、奨励賞は82点。秋田魁新報社の佐川博之社長らが、特賞受賞者と奨励賞の各部門代表者に賞状と盾を手渡した。

 デザイン部門では、聖霊女子短大2年の菅原千聖(ちさと)さん(19)=男鹿市=がハタハタの絵と筆文字を組み合わせた作品で特賞を受賞。菅原さんは「ハタハタ漁をする祖父にプレゼントしようと描いた作品で、特賞には驚いた。今後はデザイン以外のジャンルにも挑戦したい」と話した。

(全文 473 文字 / 残り 199 文字)

電子版登録(Sコース除く)で割引クーポンがご利用いただけます