校長先生のために…心つないだ新聞 横手でNIE学習会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
NIEのユニークな取り組みなどを紹介したNIE学習会
NIEのユニークな取り組みなどを紹介したNIE学習会

 授業などでの新聞の活用法を学ぶ「NIE学習会」が29日、秋田県横手市のかまくら館で開かれた。県内の小中学校、高校の教員、高校生ら18人が参加。横手明峰中学校の渡會寛之教諭が「心をつなぐNIE」と題して、赴任校でのユニークな取り組みを紹介した。

 渡會教諭は、前任校である横手市立平鹿中学校の木村哲弥校長(今年3月退職)によるNIEの名物コーナー「てつやが読む!!」を紹介。木村校長が興味を持った記事を切り抜いて感想や意見などを書いたものを、年間100枚以上作って廊下に掲示していた。コーナーの前で足を止める生徒も多かったという。

(全文 631 文字 / 残り 367 文字)