軽乗用車がクマと衝突、北秋田市の国道 県内、出没相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内は1日、クマの目撃が相次いだ。県警によると、被害は確認されていない。

 午後0時25分ごろ、北秋田市小森字逆川の国道285号で、仙北市の60代男性の軽乗用車が、左から横断してきた体長約80センチのクマと衝突した。男性にけがはなく、クマは近くの山林に立ち去った。車はバンパーが破損した。

(全文 335 文字 / 残り 189 文字)