太宰、達三に親しんで 横手市平鹿図書館、31日まで企画展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
太宰治と石川達三の作品などが並ぶ企画展「太宰と達三」
太宰治と石川達三の作品などが並ぶ企画展「太宰と達三」

 作家太宰治(1909~48年)の生誕110年を記念した企画展「太宰と達三」が秋田県横手市平鹿町の平鹿図書館で開かれている。太宰と、横手市出身の作家石川達三(05~85年)の代表作など約50冊が並び、小説ファンを楽しませている。31日まで。

 太宰が生まれた青森県五所川原市の市立図書館の呼び掛けに応じ、47都道府県の58図書館が太宰の資料展を開催。本県では平鹿図書館のみが参加し、同時代の石川の作品と組み合わせた独自の企画展を開いた。

 石川はブラジル移民を描いた「蒼氓(そうぼう)」で35年に第1回芥川賞を受賞。社会派作家として知られ、「人間の壁」「金環蝕」「青春の蹉跌(さてつ)」などの代表作がある。

(全文 501 文字 / 残り 200 文字)