[あきた参院選]立候補予定者インタビュー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中泉松司氏(左)、寺田静氏
中泉松司氏(左)、寺田静氏

 参院選の公示が4日に迫った。本県選挙区には自民党現職の中泉松司氏(40)、無所属新人の寺田静氏(44)、政治団体「NHKから国民を守る党」新人の石岡隆治氏(45)の3人が立候補を予定している。防衛省が進める地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画への対応、人口減少問題への対策など本県の課題について、立候補予定者に個別にインタビューした。石岡氏は時間がないとして、1日までにインタビュー取材に応じていない。

 陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への地上イージス配備計画について、中泉氏は防衛省の相次ぐ不手際を理由に「配備の可否を判断する以前の問題だ」と批判。是非については明確な態度を示していない。一方、寺田氏は「調査でどんな結果が出ても、住宅地の目の前であることは変わらない」と強調。反対の姿勢を鮮明にした。

(全文 677 文字 / 残り 318 文字)