心込めて制作…藍染めと陶器の作品展示 秋田市、9日まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
藍染めの浴衣や陶器が並ぶ作品展示
藍染めの浴衣や陶器が並ぶ作品展示

 藍染めの浴衣と陶器の作品展示が秋田市東通のNHKふれあいギャラリーで開かれている。趣味で浴衣作りと陶芸に取り組む平川悦子さん(69)=同市土崎港=の作品約50点が並び、来場者の目を楽しませている。9日まで。

 平川さんは羽後町の西馬音内盆踊り(国指定重要無形民俗文化財)を見た際、踊り手の浴衣の美しさに感動したのがきっかけで約20年前から藍染めの浴衣を作り始めた。展示作品は、踊り手が身に着けていた江戸後期の浴衣を参考にしており、完成までに2年以上かかった作品もあるという。

(全文 345 文字 / 残り 108 文字)