「豪風関を応援する会」が改称 押尾川親方の支援継続

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北林会長(右)から記念品を受け取る押尾川親方
北林会長(右)から記念品を受け取る押尾川親方

 大相撲元関脇豪風の押尾川親方(40)=本名・成田旭、秋田県北秋田市出身、尾車部屋=の地元後援会「豪風旭関を応援する会」の2019年度総会が30日、同市の温泉施設・縄文の湯で開かれた。名称を「押尾川親方を応援する会」に変更し、活動を継続することを確認した。

 45人が出席。議事では18年度の事業報告、決算などを承認した。昨年の5月場所と今年の1月場所で現地応援に行ったほか、押尾川親方に比内地鶏やきりたんぽセットを贈った。

(全文 543 文字 / 残り 332 文字)