日本製紙秋田工場で配管から薬品漏れ、作業員にけがなし

お気に入りに登録

 4日午前10時40分ごろ、秋田市向浜2丁目の日本製紙秋田工場で、屋外の配管から水酸化ナトリウム(カセイソーダ)が漏れた。同工場や秋田中央署によると、男性作業員2人の顔や首、衣服などに付着し、やけどの疑いで病院に搬送されたが、いずれもけがはなかった。

(全文 473 文字 / 残り 348 文字)