古民家リノベ、秋田の発酵文化発信 由利本荘にカフェショップ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
古民家をリノベーションした「発酵小路 田屋」
古民家をリノベーションした「発酵小路 田屋」

 秋田県由利本荘市石脇の齋彌酒造店(齋藤浩太郎社長)が所有する古民家をリノベーションしたカフェ・ショップ「発酵小路 田屋(たや)」が、5日オープンする。国と県の補助金を活用して整備した施設で、県は「あきた発酵ツーリズム」を発信する拠点施設と位置付けている。

 田屋は、酒蔵の向かいにある昭和初期建築の平屋で、面積は165平方メートル。ショップスペースには地元・石脇地区で製造されているしょうゆやみそ、本荘うどん、お菓子といった商品に加え、齋彌酒造店の代表銘柄「雪の茅舎」や甘酒、酒かすを使った奈良漬などの自社商品が並ぶ。県内作家による布製バッグやTシャツ、アクセサリーなども扱う。

 隣接するカフェは、明るくしゃれた雰囲気。雪の茅舎の仕込み水を使った自家製パンや、塩こうじを使ったローストチキンなど発酵に関連する料理が楽しめるほか、酒かすを使ったソフトクリームやケーキも提供する。

 今回の整備では、田屋の裏手にある二つの土蔵も改修。一つは体験工房「雪の茅舎 club」と命名し、日本酒のオリジナルラベル作り体験や料理教室、作品展示の場として活用する。もう一つは重厚感あるトイレに生まれ変わった。敷地内には自家製パンや奈良漬を製造する工房も新設された。

(全文 826 文字 / 残り 303 文字)