80代女性が200万振り込む 横手市で架空請求詐欺

お気に入りに登録

 秋田県警横手署は4日、横手市の80代女性が架空請求詐欺の被害に遭い、現金200万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、1日に保険会社の社員を名乗る男から女性宅に電話があり、「保険を既に契約している。解約はできない。後で返金するので口座にお金を振り込んでほしい」などと言われた。女性は男の言葉を信じ、市内の金融機関の窓口で指定された口座に200万円を振り込んだ。

(全文 237 文字 / 残り 52 文字)