八郎湖の環境、楽しく学べるカードゲーム完成 潟上のNPO

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「はちリバ」を楽しむ参加者
「はちリバ」を楽しむ参加者

 秋田県潟上市のNPO法人はちろうプロジェクト(はちプロ)が制作していた八郎湖の環境問題を学べるカードゲーム「はちリバ~Hachiro Revival(はちろうリバイバル)」が完成した。

 同NPOは八郎湖の抱える環境問題や、湖に生息する生物を中学生以上の子どもたちに楽しく学んでもらおうと、県立大と秋田公立美術大の学生の協力を得てはちリバを作成した。

 4、5人でグループをつくり、コイやドジョウなどが描かれた「生き物カード」と、田んぼや水草が描かれた「環境カード」を使い、生き物がすみやすい環境をつくっていくゲームとなっている。

(全文 504 文字 / 残り 240 文字)