ゆとりおん大雄、入浴営業12日再開 レジオネラ菌対策終え

お気に入りに登録

 秋田県横手市は5日、浴槽から国の基準を超えるレジオネラ菌が検出された同市大雄の温泉施設「ゆとりおん大雄」の入浴営業を、12日から再開すると発表した。

 運営する市によると、先月12日の横手保健所の年1回の定期検査で、男性用浴槽の湯から基準値の3倍のレジオネラ菌が検出され、21日午後から入浴営業を休止した。浴槽の消毒や清掃後、仙台市の検査機関に再検査を委託。先月29日に判明した分析結果で不検出となった。

(全文 298 文字 / 残り 96 文字)