地方点描:責任感[鷹巣支局]

お気に入りに登録

 「やってみるか?」

 元小学校教諭の松尾和男さん(84)=北秋田市綴子=は、鷹巣中央小の相撲部監督だった33年前、ある児童に声を掛けた。まだ1年生なのに毎日、相撲部の練習を見学に来ていた。児童の名前は成田旭。大相撲元関脇豪風の押尾川親方(40)=同市出身、尾車部屋=が、相撲を始めるきっかけとなった。

 地元有志の後援会「豪風旭関を応援する会」は、先月末の総会で「押尾川親方を応援する会」に改称し、今後も支援を続けることにした。総会終了後の懇親会には、押尾川親方も出席して近況や小学校時代の思い出などを語り、参加者を楽しませた。松尾さんも裏話を披露して会場の笑いを誘った。

(全文 627 文字 / 残り 342 文字)