払戸と追分が決勝に進出、全日本学童野球県大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【払戸―八森】7回表1死三塁、払戸は板橋のスクイズで三走水戸瀬がかえり、11点目=長沼球場
【払戸―八森】7回表1死三塁、払戸は板橋のスクイズで三走水戸瀬がかえり、11点目=長沼球場

 第39回全日本学童軟式野球県大会(県軟式野球連盟、秋田魁新報社主催、潟上市後援、日本マクドナルド特別協賛)第3日は6日、潟上市の長沼、元木山両球場で準々決勝と準決勝を行った。

 準決勝は払戸(男鹿)が八森(山本)を11―5で下し、追分(潟上)が森吉(北秋田)に20―6で圧勝した。

(全文 249 文字 / 残り 109 文字)

詳しい試合経過はこちらから