男鹿の魚介類、グルメに行列 オガーレ、7日までイベント

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新鮮な魚介類が安価に販売された直売所
新鮮な魚介類が安価に販売された直売所

 秋田県内33カ所目の道の駅として昨年7月1日に開業した男鹿市船川港船川の市複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)で6日、開業1周年を記念した「道の駅おが創業祭33(さんさん)まつり」が始まった。男鹿のグルメを味わえる出店が並び大勢の家族連れらでにぎわった。7日まで。

 直売所では地元漁師が出品したサザエやイワガキ、ヒラメ、マダイなど新鮮な魚介類が販売された。「33」にちなんだ安価な商品も多く、訪れた人が品定めして買い求めた。施設の外には男鹿しょっつる焼きそばなどの出店とバーベキューコーナーが設けられた。

 航空自衛隊加茂分屯基地第33警戒隊(同市男鹿中)が開発した鶏の唐揚げ「加茂しょっつる空上(からあ)げ」が無料配布されたほか、ステージでは同隊によるバンド演奏やなまはげ太鼓演奏が披露された。

(全文 437 文字 / 残り 88 文字)