鹿角市の民家にクマ 秋田市の県道でも、県内で目撃相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 秋田県内は6日、クマの目撃が相次いだ。被害は確認されていない。

 午後3時半ごろ、鹿角市八幡平字大里川原の民家敷地内に体長約60センチのクマ1頭がいるのを、この家に住む30代男性が見つけた。クマはすぐに敷地外へ走り去った。

(全文 160 文字 / 残り 49 文字)