「名物ソフトを調査せよ」 羽後の児童、指令受け商店街探索

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
指令を達成するため町を歩きながら目当ての店を探す児童
指令を達成するため町を歩きながら目当ての店を探す児童

 秋田県羽後町の小学生が地元商店街を探索する「子どもふるさと体験交流会」がこのほど、同町西馬音内地区で行われた。町内4小学校の4年生126人が、商店を訪れたり住民と交流したりして地域の魅力に触れた。

 「二万石橋近くのランナーがやっている店を調査せよ」「西馬音内唯一の青果店を調査せよ」といった指令書が配られ、子どもたちは住民からヒントを得て指令を達成しようと地区内を歩いた。

 二万石橋近くの菓子店・万寿堂には、「昔喫茶店をやっていたお店のそばソフトを調査せよ」との指令を受けた子どもたちが次々と訪れた。「ここはそばソフトの店ですか」などと店主に質問し、同店名物のそば粉を使ったソフトクリームを味わった。

(全文 417 文字 / 残り 116 文字)