大曲の花火、桟敷の直接販売に列 全員に購入権で拍手

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1236人が列を作った直接販売
1236人が列を作った直接販売

 8月31日に秋田県大仙市で開かれる第93回全国花火競技大会(大曲の花火)の桟敷席の直接販売が7日、同市大曲通町の大曲商工会議所前の大曲ヒカリオイベント広場で行われ、県内外から訪れた1236人が列を作った。抽選をする基準の2千人に満たなかったため、全員が桟敷席の購入権を得た。

 大会実行委員会が午前6時から抽選券を配布。訪れた人は、用意したいすに座ったり、日傘で暑さをしのいだりしながら待機した。午前7時半ごろ、抽選をしないことがアナウンスされると、会場から拍手が沸き起こった。

(全文 449 文字 / 残り 210 文字)

秋田の最新ニュース