薬師岳山頂でニッコウキスゲ見頃 真木真昼県立自然公園

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鮮やかな黄色の花をつけたニッコウキスゲ
鮮やかな黄色の花をつけたニッコウキスゲ

 秋田県大仙市と美郷町にまたがる真木真昼県立自然公園の薬師岳(1218メートル)で、山頂付近に群生する高山植物「ニッコウキスゲ」が見頃を迎えている。鮮やかな黄色に色づいたかれんな花が、登山客の目を楽しませている。

 6日、市太田支所企画の登山会が行われ、市内外から約40人が参加した。同市太田町の登山口「甘露水口」から入山し、爽やかな風を受けながら、約3時間かけて薬師岳に登頂。山頂近くの薬師平では、斜面いっぱいにニッコウキスゲが咲き広がり、参加者はじっくり眺めたり、写真に収めたりしていた。

(全文 323 文字 / 残り 78 文字)