秋田市職員名乗り還付金詐欺 60代女性が94万円被害

お気に入りに登録

 秋田東署は8日、秋田市の60代女性が還付金詐欺の被害に遭い、約94万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、同日午後1時ごろ、女性宅に市役所職員を名乗る男から「保険料のもらいすぎがあるので戻す」「銀行を通して返す」と電話があった。十数分後に銀行職員を名乗る男から電話で、スーパーの現金自動預払機(ATM)で手続きするよう指示され、近くのスーパーのATMを言われるままに操作し、現金を第三者の口座に振り込んでだまし取られた。

(全文 312 文字 / 残り 97 文字)