時代を語る・あゆかわのぼる(29)全県取材が「財産」に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「ホッとなるあきた」で西木村(当時)を取材(手前左)
「ホッとなるあきた」で西木村(当時)を取材(手前左)

 私にとって大変有意義な仕事となった番組は、NHK秋田放送局の「ホッとなるあきた」でした。「NHKニュース」が始まる正午までの昼番組でしてね。平成6(1994)年4月から、県内各地をビデオカメラを持って1泊2日の日程で取材、それを週1回放送しました。

 テーマも取材先も取材内容も全部任せると言われました。祭りや伝統芸能、食、人物の紹介、さらには地域課題の掘り起こしなどジャンルを問わず、面白そうだと思えば、どこへでも出掛けました。県内69市町村(当時)で行ってない所はないんじゃないかな。

(全文 766 文字 / 残り 522 文字)

この連載企画の記事一覧