秋田港、定期フェリー開設20周年 節目祝う【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
節目を祝い、竿燈などが披露されたフェリー秋田航路就航20周年記念式典
節目を祝い、竿燈などが披露されたフェリー秋田航路就航20周年記念式典

 秋田港と北海道・苫小牧、新潟、福井県・敦賀の4港を結ぶ新日本海フェリー(大阪市)の定期航路が9日、開設20年を迎え、秋田市土崎港のフェリーターミナル前で記念式典が開かれた。同社関係者のほか、商工業者らでつくる県環日本海交流推進協議会の会員ら約80人が出席し、節目を祝った。

 式典は、同社のフェリー「らいらっく」号(約1万8千トン、全長約200メートル)が新潟から到着後の午前6時に開会。同協議会フェリー利用促進部会の赤上信弥部会長が「今では日本海と東北の太平洋側の物流業者にとってなくてはならない存在となった。引き続き、官民一体で利用拡大に取り組んでいく」とあいさつ。

 堀井啓一副知事は「フェリーは災害時に救援物資、派遣人員の輸送も行った。令和の北前船として多くの人に利用され、発展することを願っている」と祝辞を述べた。

(全文 729 文字 / 残り 368 文字)

秋田魁新報電子版|企画・特集