防衛相「レーダー情報、米と共有」 地上イージス巡り

お気に入りに登録

 岩屋毅防衛相は9日の記者会見で、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が候補地となっている地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、レーダーで捉えた情報を米国と共有する意向を示した。

 岩屋氏は「わが国は早期警戒衛星を持たず、(ミサイル発射の)第一報は米国に依拠している。(イージス艦を展開するなどして)弾道ミサイルを探知、追尾した情報は(日米が)双方向でリアルタイムに共有することとしており、こうした情報共有の在り方は既に確立している」と話した。

(全文 530 文字 / 残り 306 文字)