鹿角・大湯環状列石にクマ 当面立ち入り禁止

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
クマの出没により遺跡見学中止の案内文が掲示された大湯環状列石
クマの出没により遺跡見学中止の案内文が掲示された大湯環状列石

 9日午前11時半ごろ、秋田県鹿角市十和田大湯字万座の国特別史跡「大湯環状列石」近くの県道をクマが横切るのをバイクで通り掛かった人が見つけ、ガイド施設「大湯ストーンサークル館」に通報した。史跡を管理する市は当面の間、史跡内を立ち入り禁止とした。

 市によると、クマは体長約60センチ。野中堂環状列石のある東側から、県道を渡って万座環状列石のある西側へ移り、姿が見えなくなったという。同館の職員が注意喚起のため史跡内を巡回したが、見学者はいなかった。

(全文 543 文字 / 残り 320 文字)

秋田の最新ニュース