バレー「横手わか杉カップ」、13日開幕 雄物川決勝目指す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
強豪8校が競う横手わか杉カップのチラシ
強豪8校が競う横手わか杉カップのチラシ

 全国ブロック選抜高校男子バレーボール大会横手わか杉カップが13日から3日間、秋田県横手市の雄物川体育館で開かれる。雄物川をはじめ、30日に始まる全国高校総体(南部九州インターハイ)に出場する8校が火花を散らす。

 市や市体育協会などでつくる実行委員会の主催。2007年秋田わか杉国体バレーボール少年男子の同市開催を機に08年から毎年行われている。今年が12回目で、インターハイの前哨戦としても注目される。

 県外からは崇徳(広島)、山形城北(山形)、川崎橘(神奈川)、土浦日大(茨城)、五所川原工(青森)、福島商(福島)、足利大付(栃木)の7校が出場。昨年3位だった雄物川は決勝進出を目指す。

(全文 478 文字 / 残り 183 文字)