内陸線の田んぼアート見頃 秋田犬、竿燈に挑戦!【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
阿仁合―小渕間では竿燈を上げる秋田犬が描かれている
阿仁合―小渕間では竿燈を上げる秋田犬が描かれている

 秋田県の北秋田、仙北両市を結ぶ秋田内陸線の沿線5カ所では、観賞用稲でデザインした「田んぼアート」が見頃を迎えている。黄色や白、紫に色付いた稲が秋田犬やマスコットキャラクターの絵となって浮かび上がり、乗客を楽しませている。見頃は9月ごろまで。

 今年のメインテーマは「秋田犬と旅」。乗車して北秋田市から仙北市に向かうと、まずは小ケ田(おがた)駅で、2匹の秋田犬と同駅近くの国指定史跡・伊勢堂岱遺跡のマスコットキャラクター「いせどうくん」の愛らしいアートが見られる。

 阿仁前田―前田南間は秋田犬とナマハゲ、小渕―阿仁合間では竿燈を上げる秋田犬が表現されている。さらに上桧木内駅のホーム前は秋田犬と紙風船の図柄、羽後太田―角館間は「令和と富士山」をテーマにしたデザインがある。

(全文 544 文字 / 残り 209 文字)