参院選期日前投票所、秋大に1日限定開設 学生が事務手伝う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田大手形キャンパスに開設された期日前投票所で一票を投じる学生
秋田大手形キャンパスに開設された期日前投票所で一票を投じる学生

 秋田市選挙管理委員会は10日、参院選(21日投開票)に向けて同市の秋田大手形キャンパスに1日限りの期日前投票所を開設した。同大の学生が市選管の選挙事務を手伝い、学生や教職員、地域住民ら422人が一票を投じた。

 手形キャンパス内の大学会館2階に午前11時~午後5時、期日前投票所を設けた。若者の投票を促そうと市選管と秋田大が協力して実施。同大では2016年の前回参院選で、初めて設けられて以降、17年の秋田市長選や知事選、衆院選などでも設置され、今回が7選挙目。

 選挙事務には学生ボランティアとして1、2、4年生計38人が参加。投票用紙の交付や投票の案内などを行った。 

(全文 493 文字 / 残り 208 文字)