クマ出没の大湯環状列石、見学再開 鹿角市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大湯環状列石(資料写真)
大湯環状列石(資料写真)

 秋田県鹿角市教育委員会は11日、クマの目撃情報を受けて9日から中止していた同市十和田大湯の国特別史跡「大湯環状列石」の見学を再開した。職員による遺跡内の見回りを強化し、安全確保に努める。

 市教委によると、9日以降、職員が遺跡内を巡回し、クマの出没や安全対策として遺跡周辺に設置している電気柵の通電状況を確認。11日朝の見回りでクマの形跡がなかったため、来客者の受け入れが可能と判断した。従来、1日2回程度だった巡回を1時間ごとに行う体制とする。

(全文 333 文字 / 残り 110 文字)